ホーム > 活動報告 > 平成25年度「4月定例総会」

平成25年度「4月定例総会」

平成25年度4月定例総会

平成25年4月11日(木)高槻商工会議所4F大ホールにて、会員65名、委任状出席39名、来賓1 名、昇華会1名、入会希望者1名の合計107名出席のもと、青年部4月定例総会を開催いたしました。国歌斉 唱・綱領朗読・指針唱和の後、宮崎会長より、多様なメンバーに恵まれた青年部において、会員相互の理解を 深め、共に学びあう場を構築することを目標とした「ダイバーシティ」(多様性)というスローガンが発表され ました。「青年部には、違う観点をもつ仲間、中小企業ならではの豊富な話題が多くあり、多様性に富んだ考え 方を学ぶチャンスが多くある。 謙虚に吸収しあい、共に成長しましょう!」と、宮崎会長の清々しいスピーチで、今年度が開幕致しました。

続いて、高槻商工会議所谷知専務理事より「天の時・地の利・人の輪」のお話を賜りました。アベノミク ス・新名神の開通(平成28年)・JR高槻駅ホームの拡充を「天の時」とし、大阪-京都の中間に位置する高 槻市の好立地を「地の利」とし、「人の輪」、青年部の会員相互交流が何より重要性を持っているとご教示いただきました。特に、「仲間のことをもっと良く知ろう!」という、谷知専務理事のお言葉の中に相互成長のための行動のヒントがあると再確認できました。

そして、平成24年度事業報告及び収支決算、平成25年度各委員会委員長より事業計画案及び収支予算案の発表を行い、滞り無く会員の承認を得ることができました。

その後は、4月新たに加わった仲間4名の入会式を行い青年部会員総数は、130名となりました。懇親会は、終始和やかな雰囲気で会員相互の交流が進み、4月、5月生まれの会員の誕生日祝いを行い、最後は、浦中副会長のインパクトある締めの挨拶と大爆笑の渦の中で、懇親会を終えました。

(広報委員 武内 朗良)

日時 2013年4月11日(木)
場所 高槻商工会議所4階大ホール
備考

平成25年度「4月定例総会」のTOPへ